乗り物天国のブログ

YouTubeチャンネルNORIMONOTENGOKUから派生したブログ。YouTubeには車、バイク、鉄道、飛行機、その他乗り物全般をUPしています。

JRE POINT 貯め方。 JR東日本のポイントの話 #乗り天

世の中には〇〇鉄と言われる様々な角度から鉄道を愛する鉄道マニア、通称鉄ちゃん達がいます。

その中であんたはどれか?と聞かれれば乗り鉄な気がします。またはVVVF音の音鉄です。

 

こんにちは。乗り物天国代表です。

 

JRE POINTとはなんぞ?

 

少し前からポイント制度自体はあったのに、結論から言うとJRユーザーさらに言えばJR東日本の駅ユーザーしか恩恵がない非常に旨味がなく貯めにくい残念なこのサービス。

 

貯めたポイントは1ポイント=1円分としてまたSuicaにチャージ出来たりグリーン券の購入金額に充てることが出来ます。

 

もちろんJR東日本のサービスだからJR東日本を利用しないと貯まらないのは当然と言えば当然の事だけど、様々な場所や方法でポイントが貯まるこの時代を考えるとJREポイントは限定的すぎてポイントサービスとしてはイマイチ魅力もなく弱いような気がしていたわけです。

 

しかし10月1日から始まる今回の新サービスを上手く使う事でその弱みを打開出来るかもしれないので、どのような変化があるかをシミュレーションしてみましょう!

 

まず従来のポイントの貯め方おさらい。

 

予め登録したSuicaでの買い物をする。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190924103244p:image

(このマークがある特定の店舗)

 

JRE POINTカードを提示して買い物をする。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190924103340p:image

(同じくこのマークがある特定の店舗)

 

その他、JR東日本系列が発行するクレジットカードである「ビューカード」での決済や他のポイントサービスからの移行。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190924103451j:image

(写真はJALと提携したViewカードだが他にもビックカメラの提携カード等様々な券面がある)

 

今まではざっくりとこのような貯め方だった。

 

関係ないや。と思った人にこそ読んで欲しい。

既にお気付きのように、ビューカードを使っている人か、よほど日々JR東日本の駅ビルで買い物をする人以外はポイントなんか貯まらない。

 

この記事を読んでいて関東在住でも「私には無縁」「こんなマークがあるお店見た事ない」と感じる方も多い事でしょう。

 

代表もまさにそのうちの1人で、東京都民ですが普段は私鉄がメイン(自宅の最寄り駅が私鉄)なのでそもそも私鉄が発行するICカードを使うのが自然の流れ。

 

つまりは、JRの「Suica」か私鉄の「PASMO」かの違い。

関西で言う「ICOCA」か「PiTaPa」か。

九州で言う「SUGOCA」か「nimoca」か。

 

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190924145109j:image

 

とは言え相互利用が可能なのでどれを選んだとしても1枚持っていれば大体の所では不便を感じる事はありませんよね。

 

過去にご紹介したOKIKAさえ選ばなければね…笑←

 

www.norimonotengoku.com

 

代表の場合はサラリーマン時代に電車通勤していたしJRもよく利用していたので、その流れであえて私鉄の「PASMO」ではなく「Suica」を使っています。

さらに言うとガラケーの時代からケータイでピッと電車に乗るのに憧れて「モバイルSuica」がリリースされたその日に移行した記憶があり、未だにその「モバイルSuica」を利用しているのです。

(ちなみに海外に暮らしていて長期間利用しなかったら凍結されてた事もある←)

 

乗り物好きとしては電車は全く嫌いじゃないけど、最近はそもそも最近は普段の移動であまり電車に乗らないのでヘビーユーザーとは言えないんですが…←

 

1番近くのJRの駅は?と聞かれれば渋谷なのですが、実際渋谷に行くにもやはり私鉄を利用します。

 

そして渋谷に着いたら大体の用事は済んでしまうので、渋谷と言えど必然的にJRの区間を利用する機会は多くないです。

 

JRに乗るとすれば、私鉄で渋谷まで行って山手線に乗り換えて新幹線に乗るために品川へ向かう程度です。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190925013527p:image

後は、どうしても待ち合わせがJRの駅だとかそう言った数少ない場面でしかJRとは無縁の生活が可能なのです。

これが良いのか悪いのかは別として…。

 

ここまで個人的な話のようですが、京王線小田急線、東急線東京メトロetc...

そもそも東京と言う都市はJR沿線に住むより私鉄沿線に住んでいる人が多いと思うのです。

これはあくまでも勝手なイメージですがJR沿線には企業や雑居ビル、私鉄沿線には住宅街が広がっているように感じます。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190925013756p:image

なので、冒頭で言ったJR東日本の駅ユーザー」じゃないと恩恵があまりないと言うフレーズは案外多くの人に当てはまるのではないかと思います。

 

どういう事かと言うと、例えばJR恵比寿駅に仕事か何かで毎日通っていて、定期の購入やSuicaへのチャージはビューカードで。そして日々の買い物は駅ビルのアトレで済ませる。

こう言った方であれば、JREポイントカードの提示も含めて今回の本題である「JREポイント」を非常に効率良く貯められるのかもしれないし、貯める意味もあると思います。

 

でも、JRは利用する。あるいはJRを避けて通れないけどメインで毎日JR東日本が展開するサービスを使う訳ではない。それ以上に私鉄が身近にある。

 

いわば「非JRユーザー」

 

こういった方はJREポイントを貯めるメリットすら感じないはずです。

 

もったいぶりましたが、ついに今回の新サービスがかなり攻撃的で結構凄い事だと代表の目に留まりました。

 

ナント乗車でポイントが貯まる!

f:id:NORIMONOTENGOK:20190925012622p:image

JR東の区間に乗ると言う事は言うまでもなくもちろんなんですが、このサービスが始まる事で代表のように、私鉄+JRのような利用者は、いままでJRに乗っても1ポイントにもならなかったものが、新サービスによってJRに乗車するだけで貯まるようになるわけです。

 

もちろんJRのみのユーザーにとってもいままで以上にありがたい話ですよね。

 

さらにどうせならモバイルSuicaが断然お得!

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190924145316j:image

 

その理由は還元率がモバイルSuicaの方が高いからです。

ICカードSuicaを使ってもポイントは貯まるけど、モバイルSuicaのほうが還元率が大きいです。

ICカードの場合、200円で1ポイント貯まる(0.5%還元)

モバイルSuicaの場合、ナント50円で1ポイントも貯まる!(2%還元)

 

さらにボーナス的な要素とも言えるかもしれないけど、定期券の購入やグリーン券の購入でも同じ還元率でポイントを手に入れられるのです。

 

定期の話が出たので、ついでに話しておくと自宅の最寄り駅は私鉄、会社の最寄りはJR(もしくはその逆)と言った方がいると仮定します。

 

JRと私鉄を両方使う事になるのですが、定期券は1枚の通しで購入する事は出来ますよね。

 

私鉄が混じったからと言ってポイント付与の対象から外れる事はありません!

私鉄+JRの定期券でも購入金額に応じてJR利用分をポイント還元してくれるのです。

 

って事はですよ。。

 

JR沿線にある交通費支給の会社であれば、そこで働く人は事実上タダでポイントを貯めることが出来ちゃいますよね。

 

そう、定期代は会社に貰ってポイントは自分のSuicaに貯まると言うグレーな夢のシステムが出来上がりましたね!サラリーマン・OLの方には朗報です。

 

グレーとは言ったもののアパホテルのキャッシュバックよりはよっぽどマシだと思いますし、会社に不利益もないですからね。(ま、ここでは長く脱線しそうなので言及しないけど…笑)

 

考え方としては出張で飛行機に搭乗した交通費を会社から支給して貰って、そのフライトで付与されるマイルは自分の物になってしまうのと同じです。

 

普段出張がないからその類の話とは無縁!と言っていた方も、通勤するだけでポイントが貯まるんだから嬉しいですよね。

 

会社に通って貯めたポイントで、休日はグリーン車で熱海の温泉に行くのだ…

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190925014110p:image

こんな人も続々と出てくるかも?笑

 

とは言え乗り天では一切の責任を負いませんので、ポイントやマイルの取り扱いは皆さん各自それぞれの会社の指示に従って下さいね〜!←

 

モバイルSuicaの利点。

 

スマートEXの登場によりいまでこそ誰でも東海道新幹線もやっとネット予約が出来るようになりました。

出来るようになるまでかなり遅かったし、ドル箱路線はやはり殿様商売なんだなとつくづく思いました。←

 

東海道新幹線に安く乗る唯一の裏ワザ(お得ワザ?)としてかなり真面目に紹介した過去記事がありますので、参考にしてください。

 

www.norimonotengoku.com

 

それはさておき、モバイルSuicaJR東日本のサービスですから、東北・山形・秋田・北海道、上越・北陸の新幹線予約がスマホアプリで簡単に出来ます。スマートEXなんかより随分前から。←←

 

しかも詳しくは説明が長くなるので割愛しますがモバイルSuicaからのネット予約で割引もあったりしてお得ですし、一般的には東海道新幹線ほどの頻度で利用しない東北新幹線でもとにかく利用する時には使わなきゃ勿体無いですよ。

 

東海道新幹線はもちろん東北新幹線等よりもさらに需要は落ちるかもしれませんが、一応ご紹介しておきます。

 

Suicaグリーン券と言う名称でJR東日本グリーン券がモバイルSuica内で購入が出来ます。

 

これは先程も言いましたが「休日に熱海の温泉に行く」これにバシッとはまります。

 

では実際どのように使うか?

 

説明し始めると日が暮れるので細かくは書きませんが、東海道本線には「自由席でグリーン車」と言う使った事がある人じゃないとかなり謎であろう設定があります。

 

東海道本線湘南新宿ラインに乗り入れていたりそのあたりも複雑なのですが、ここでは簡単に東京駅〜熱海駅までを例にしてお話しします。

 

東京〜熱海まで東海道新幹線こだまを使うと言う手も一般的ではありますが、新幹線ですか、当然特急料金がかかりますのでコストが高くなりがち。

そこで時間に余裕のある方、青春18きっぷを使って在来線オンリーの旅をする方、単純にコスト削減したい方などにオススメなのがこの東海道本線グリーン車

 

在来線なので、特急料金がかかりませんし青春18きっぷも利用可能です。

しかし逆に言えば在来線なので長時間ロングシート(横長のベンチみたいなシートの事)に座って行くのは辛いですし、通勤感が満載です。

 

グリーン車であればテーブルとリクライニング付きのクロスシート(新幹線みたいなシートの事)でゆったりと旅が出来ます。

青春18きっぷで旅をしている時に乗ろうもんなら涙が出るほど快適ですよ。笑

 

ここで東海道本線グリーン車に乗るにはグリーン券が別途必要なのですが、モバイルSuicaであればアプリでささっと簡単に購入する事が出来ます。

 

Suicaスマホ)を東京駅の改札にピピッとタッチして、思い付きでアプリでグリーン券を購入し、東海道本線に乗り込み熱海で下車してSuicaで改札を出る。

そしてそのまま温泉に浸かる。

 

スマホ1台で素敵な休日が過ごせそうですよね。

 

ちなみに、モバイルSuicaは関東在住じゃなくても利用可能ですよ!

 

むしろ乗り天代表はこの使い方をオススメしたい!

 

例えばJR西日本で言えば、今日現在まだモバイルICOCAってないですよね?

 

今回の本題であるJREポイントとは少し話がブレてしまいますが、交通系ICカードが相互利用可能なのは皆さんご存知の通りですから、ICカード同様にそのままスマホに入れたモバイルSuicaは全国で使う事が出来ます。

関西であれば「ICOCAでお願いします」または「交通ICカードでお願いします」と言えばコンビニでももちろん使えます。

 

チャージはスマホ1台で出来ます。モバイルSuicaのアプリ内で完結しますので、全国どこで使っていてもモバイルSuicaだから不便と言う事は特にないかと思います。

 

ですから、関西に限らず皆さんの地元で普段使いも出来て東京に遊びに来た時にはJREポイントが貯まりますよ!

 

iOS端末

Suica

Suica

アンドロイド端末 

 

って事で今日のまとめ〜!!

 

JREと言うマイナーなポイントサービスがある。

 

私鉄沿線の人でもモバイルSuicaを使う価値はある。

 

乗るだけで貯まるようになったのは誰にとっても朗報かつ大きな進歩!

 

ペンギン好きの代表としてはSuicaのペンギンがイマイチ可愛くねぇ!!怒

 

新幹線やグリーン券の予約購入がアプリで出来る!

 

モバイルSuicaで予約購入すると新幹線等が割引料金で買える事もある。

 

相互利用が出来るから関東以外のエリアの人でもかなり便利に使える。

#過去記事総まとめ 乗り天アジアツアー バックナンバー #乗り天

f:id:NORIMONOTENGOK:20190831064031j:image

 

私が旅に行きたいんじゃない。

旅が私を呼んでいるのだ。

なんつってな。←

 

こんにちは。乗り物天国代表です。

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

 

 

 

乗り物天国代表のアジアツアー。

略して「乗り天アジアツアー」

今回使ったANAのマイル数はたったの23,000マイル+諸費用。

最小限のマイルで最大限の旅をする!と言うのがこの旅のコンセプト。

無事に全日程を終えたので、帰って来てから冷静に旅を振り返りながら過去記事に今の気持ちを一言添えて全18日分まとめましたので、まとめ読みやバックナンバーを探す時に活用して下さい。

 

またYouTubeTwitter

「#乗り天アジアツアー」

と検索して頂くと、今回の旅にまつわる動画やツイートが簡単に見つかります。

 

↓それではバックナンバーをどうぞ↓

 

1日目

ラーメンはやっぱり博多だね。

ソウルなんて普通は羽田-金浦ですぐだけど、仁川に飛ぶのは成田発。

でもどうしても成田発が嫌だ。

羽田から出発して仁川に到着したい代表はまず国内乗り継ぎと言う手段に。乗り継ぎならではの福岡空港を楽しみました。

かなりアリだったなぁ。むしろ直行より楽だし楽しめるかも。

www.norimonotengoku.com

 

2日目

韓国に着いたばっかなのに台湾に行ったよ。エバー航空の烏龍茶は美味い。

ケースバイケースだけど桃園空港に着いたけどやっぱり台北の空港は松山空港の方がいいね。台湾(その他の海外)でのスマホの電波の事も書きましたので参考にして下さい。ネット代かなり安く抑えられる自信があります。


 

3日目

台湾に着いたと思ったらもうマカオを目指すんだから忙しい。

台湾から香港へ行き、マカオに行きました。

桃園空港はキティちゃんの発券機もあるし、そのあたりは松山空港より楽しかった。しかもたまたまサンリオの特別塗装機に乗れてラッキーだったやつ。しかしエバーの烏龍茶は美味い。

ジェットフォイルにも乗ったし1日中移動してたなぁ。でもマカオのカジノは眠らない。今だから言うけど今回の旅費の一部はマカオのカジノで調達しました。(計画通り)


 

4日目

もう少しマカオに居たかったし、それも可能だったんだけど香港在住の友達が香港で待ってるから香港に向かったよ。

香港では「洗濯屋」が最高に気に入ったね!


 

5日目

ローカルのワンタン麺がマジで美味かったよ。この度今回唯一のお土産も買えたし!←

後は友達のご主人が香港で営むトンカツ屋さん。詳しくは記事に書きましたが、

"Porker"(ポーカー)というお店。ここは本当にオススメで、店内は常に香港人はもちろん、日本人や現地企業で働く欧米人など人種を超えて愛されている店。

香港に行く人はデモが終わった頃に必ず行って欲しい。


 

6日目

香港成田を経由して上海に行くんだけど、初中国はマジでヤバかった。

言葉は英語含め全く通じないしGoogleとかその類のネットは繋がらない。などなど…

もう一回言うけどマジでヤバかった。

普段何にも動揺しないタイプなのに何がそんなにヤバかったか読んで欲しい記事。

でも今となっては中国語を学ぼうと言うきっかけになった。マグレブ乗れたしいつか中国のどこかでリベンジしたい。


 

7日目

上海から再び韓国の仁川に行く。

上海とのギャップが凄すぎて仁川のホテルに着いた途端家に着いた気分になった。ちょうどアジアツアーから帰ってきた途端に残念ながら今はかなり日韓関係が良くないですね〜。


 

8日目

代表アジョシが現役大学生の韓国美女とおデートした日。←

それこそ定期的に起こる日韓関係の悪化があっても、個人レベルでは長年付き合いのある人だっているって事は事実。政治レベルではまさに今関係悪いかもしれないけど、個人レベルでは案外悪くなかったり??だから代表はいつも大体ニュートラルに傍観してます。

それはともかく、代表がどのような経緯で韓国人の知り合いが出来たのか、むかーしむかーしの話を書きました。デートな経緯もね。←


 

9日目

日本から地元の友達が韓国に来て合流してくれた。昨日の美人とのデートと打って変わってパラダイスシティのカジノに野郎2人で突撃。パラダイスシティのホテルに宿泊もした。パラダイスシティ施設全体も紹介しているので是非見て欲しいホテル。


 

10日目

昔からの知り合いの韓国人が経営するマッサージ屋さんに野郎2人で突撃しました。夜はもちろんまたカジノです。

ちなみにカジノで2日間勝ってカバンの中を韓国ウォンでパンパンにしてやりました。(これまた計画通り)

  

11日目

日本から来た友人は一足先に日本へ帰国。この日からまたひとり旅が再開します。

この日ソウルでやっと旅の後半の那覇のホテル取って、最終日那覇から羽田に帰る飛行機の予約もしたんだよなぁ。←テキトーすぎる。笑

実は新千歳-那覇に行った後、石垣島へ渡りそこをベースに与那国島波照間島に行き、新石垣-羽田で戻るという選択肢を最後まで捨てられなかったから保留にしていたんです。

で、結局那覇から羽田に直帰を決めた日。


 

12日目

寝た。ひたすら寝た。

で、夜は韓国の中華街に行った。

正直記事が書けないレベルに何もしなかった日。コリアのチャイナタウンをご覧あれ。


 

13日目

コインランドリーで洗濯した。

コインランドリーってか、洗濯物が結構好き。

カジノでは勝負をしないのも勝つ方法です。だからパラダイスシティの施設内をうろうろしたら結構面白かった。


 

14日目

ついに日本に帰って来た!着いたのは東京じゃなくて北海道。さすがに東京を出発して海外転々として各国で出入国を繰り返しいよいよ母国の日本に入国しようとしたら税関でも根掘り葉掘りきかれるわな。。

17泊なのに機内持ち込みサイズの愛するリモワちゃんひとつだけで旅してんだからね。笑

浪漫飛行かっ!←米米CLUB(知ってる?)

新千歳空港を簡単に紹介しています。


 

15日目

国内最長路線に搭乗する夢が叶った。YouTube用の撮影もまぁまぁうまく行った!代表的にはこのアジアツアーのメインディッシュ。

ずっと特典エコノミーだったから、プレミアムクラスが快適だったぜ。

まだ旅は続くけどマイル旅は終わり。

ここからはマイル旅じゃなくて自腹。

複雑なフライトスケジュールを組んだ理由もここに書いてあります。


 

16日目

久しぶりに来た那覇は随分変わってた。

正直沖縄行くなら近場の海外って思ってたけど、たまに行くと新しい発見があって楽しいもんですね!レンタカー借りなくても那覇は楽しめますよ。

  

17日目

沖縄アクターズスクールの同級生美女と再開。青春時代を共にした友人とは話が盛り上がる!東京の学校なのに、沖縄で再開?そのわけは…。


 

18日目

乗り天アジアツアーもいよいよ全米が涙して欲しい感動のフィナーレ。首里城行って最終便で羽田に帰って来た。ところで2000円札って知ってますか?これを読めばばっちりです。

www.norimonotengoku.com

 

 

以上!!

  

しかしよくこの日程を特に大きなトラブルもなくこなしたもんだ。自分を褒めてあげたいです。

 

でも、感謝すべきは周りの人々。

 

本当にアポなしなのに、香港でも韓国でも沖縄でも来るなら会おう!って言ってくれる人がいるし。

韓国行くならオレも参加する!って言う地元の友達もいるし。

 

野郎はひとまず置いといて…←

韓国や沖縄で美人美女が会ってくれて代表だけの為の時間を作ってくれるなんて、こんな幸せな人他にいるのか?

何かのドッキリ?はたまたハニートラップ?ってなっちゃう程でした。笑

 

ま、分かると思いますが冗談半分で言ってるところもあります。でもここからは本音。

 

ブログを読んで下さってる方、YouTubeを視聴して下さってる方、全てを含めこの旅で直接的・間接的に代表に関わってくれた人々へ、ありがとうでいっぱいです。

 

本来ひとり旅のはずが色々な人達に協力してもらい、共感してもらい。

本当に旅がより思い出深いものとなりました。

 

この場を借りて全員に感謝します☆

 

 

ありがとう!!

 

 

またマイルを使って、複雑な日程を組んで旅に出たいと思います。

 

って事で今日のまとめ〜

 

記事自体がまとめなのでなし!!笑

 

 

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

 

↓ブログの読者登録をお忘れなく。

 

 

ではまた~☆☆

#18 最終回 乗り天アジアツアー

f:id:NORIMONOTENGOK:20190810081550j:image

 

18日目!いよいよ乗り天アジアツアーも最終回です!17泊と言う長い旅も今日で終わります。

こんにちは。乗り物天国代表です。

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

 

 

 

レイトチェックアウト

 

昨日はお話しした通り朝まで盛り上がってしまったので、チェックアウト時刻を14時にしてもらい、ギリギリまで寝て、シャワーを浴びないと目が覚めないタイプなのでバババ!っとシャワーを浴びていざチェックアウトです。

 

今日は羽田に帰るため、那覇-羽田のフライトがありますが、20:50発の最終便を予約した(そこしか空席がなかった)ので、まだしばらく沖縄に滞在出来そうです。羽田定刻は23時過ぎです。

なので、出かけてる間は愛しのリモワちゃんはフロントに預かって貰いました。

 

レイトチェックアウトしてなかったら、今日1日出かけられません。。笑

 

とても価値のあるレイトチェックアウトだったと思っています。

 

フライトまでに行く所

 

今回はせっかく沖縄に来て同級生に会えたのは非常に良かったものの、観光地っぽいところ行ってないなぁとフト思いました。

 

沖縄には何度も来てますし、目新しいものもそう無いのですが、フライトまでに行けて観光地っぽいところに行くことにします。

 

それは…

 

首里城です!

 

しかもあえてゆいレール(沖縄唯一のモノレール)に乗って行こうと思いました。だって乗り物好きだからね。←

f:id:NORIMONOTENGOK:20190827022553j:image

ゆいレール首里城も初めてじゃないけど、のんびりお散歩気分で首里城を目指します。

 

ゆいレールと沖縄のバスでしか使えないいわゆる相互利用が出来ない全く存在価値の無い交通系ICカードのOKICAだって手に入れちゃったぜ。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190828033302j:image

(名前入りなので福岡のICカードはやかけん」で隠してみた)

 

実はコレクターまでは行かないけど、全国行った先々で交通系ICカードを集めるのが何となく好きだし、今や行った世界のICカードすら集めてる。

 

最初のチャージ分とデポジット分を払い戻したらそれなりにいい金額になりそう…笑笑

 

近いうちに日本と世界の交通系ICカードの紹介もまとめてしようかな。

 

 

首里城到着の前に!

 

代表には首里城に持っていかなければならない物があります。その準備をするべくどこがいいかなぁ。とゆいレールに揺られながら考えていました。

 

するとゆいレールを降りて、首里城に向かう最中一軒の郵便局がありました。

 

 

ここだ!

 

実は欲しい物がありますが、郵便局ならきっと手に入るでしょう。

 

 

なんだと思いますか??

 

 

それは…

 

 

 

 

2,000円札!!

 

 

案外若い世代の方々は知らない人も多いのではないでしょうか?

 

2,000円札は西暦2000年に発行され、今日現在も有効な日本の紙幣です。

 

当時2,000円札が出たばかりの頃は都内のATMでも積極的に(過剰に)2,000円札が出て来たりして不便だった記憶があります。

 

しかし、事実世の中に2,000円札が定着する前に流通量が減り、あっという間に都内で見かける事はなくなった紙幣です。

 

2003年以降新規製造はされていないようですし、現在でも事実上日常的に流通しているのは沖縄県だけなのです。

 

何故沖縄県かは本日の余談のコーナーで詳しく。

 

では早速ですが…

 

本日の余談コーナー

 

日本の通貨は1,5,1,5,1,5,1,5,1で出来ています。

1円、5円、10円、50円、100円、500円1,000円、5,000円、10,000円です。

 

ここに突然2が割り込むわけです。

 

日本人には馴染みがないですよね。

 

代表はユーロを良く使う場面があるのですが、20euro札があります。慣れるととても使いやすいですし、むしろ1番良く使うかもしれません。

 

しかし、1euroコインともちろん2euroコインもあります。1,5だけではなく、1,2,5の種類が文化として根付いているので違和感がありません。

 

アメリカにも20ドル札がありますよね。←ここがポイント!

 

何故沖縄では未だに流通しているのか、または受け入れられたのか。

 

まずは2,000円札の案が出た時に2000年に沖縄サミットが開催される事。西暦が2000年である事。これらが重なり沖縄県「2,000円札にゆかりの深い県」となったわけです。

 

さらに、沖縄駐留米軍の方々が20米ドル札の感覚で2,000円札をすんなり使いこなせたのではないかと言う説があります。

 

沖縄のお店によっては「本日のレート」と店頭に書いてあり、ドル紙幣がそのまま使えたりもしますしね。

 

沖縄県は2,000円札に対して思い入れがあると言う事と、使われる(需要があり普及する)条件が揃っていたと言うわけです。

 

新札が出る!と全国的にブームになった2,000円札だったのですが、先ほども言った通り全国的に見るとブームが去ると見かける機会が減りました。

 

個人的な意見としては2,000円札よりも、20,000円札。やはり2の単位がいやなら50,000円札や100,000円札の方が需要があると思いますが…。

 

ブームが去った後も2,000円札が定着した、または2,000円札を使いこなせたとも言える沖縄県だけが現在も使っているのですね。

 

まぁ2,000円札の発行に関しては「2000年に2,000円札を発行した!」と言うのがひとつの大きなポイントなわけで。

結果論ですが現在は事実上沖縄でしか流通してないってのもまた沖縄県以外から見ると限定感があっていいですよね。

 

ポケモンGOで話をまとめると、2,000円札は沖縄にしか出ないレアポケモン見ないなもんです。←

 

余談終わり。

 

そんなわけで、ゆうちょ銀行の口座もある事だし、郵便局の窓口で「2,000円札ありますか?ここのATMで2,000円引き出したら出て来ますか?」と聞いたら

なんくるないさー」とは言われなかったが←

「新札はないけど綺麗めのやつ両替してあげるさー」と言われ、ゆうちょ銀行の口座も通さず裏から綺麗なお札をわざわざ出して来てくれました。

綺麗な2,000円札をポケットに突っ込んでた手持ちのしわくちゃな1,000円札2枚と快く窓口で両替してもらいました。

最初はATMでやる予定だったのですが、窓口での両替になってしまったので、「手数料は??」と伺ったら、無料でOK頂きました!

ラッキーそしてありがとう。

 

手に入れた2,000円札

f:id:NORIMONOTENGOK:20190827022653j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190827022648j:image

 

首里城×2,000円札

 

暑い中駅からとぼとぼ道なりに歩いて、途中郵便局を経由してやっと着きましたよ。首里城

f:id:NORIMONOTENGOK:20190827023457p:image

ところで何故首里城に行くのに2,000円札を用意して行く必要があるのかと不思議に思う方もいるでしょう。

もうピンと来ている方は2,000円札を手に取った事がある世代、もしくは2,000円札に対する知識をお持ちの方でしょう。

 

実は2,000円札の表面には守礼門が描かれています。(裏面じゃないぞ。ここテストに出るぞ)

首里城守礼門の前で2,000円札とコラボして写真を撮ると言うのが代表流。

毎回やっている事なので、今回もやって来ました!

f:id:NORIMONOTENGOK:20190827022908j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190827022914j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190827022912j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190827022917j:image

 

なかなかピントが合わずどれも納得行く写真がないからピンボケも載せて行くスタイル。笑

 

見物人

 

ここからはチケットを買い首里城の中へ入り、ただ惰性で見物に来た観光客です。←

 

なので首里城内の写真をいくつかどうぞ。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190827024301j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190827024255j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190827024258j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190827024252j:image

さぁて大体見終わったなぁと思ったその時突如発動したイベントを最初っから最後まで見た。周りを見渡す限り最初から最後まで見物していたのは代表ぐらいだろう。←

 

まだまだフライトまで時間あるからね。

 

たまには動画でどうぞ雰囲気を感じて下さい。

 



なんだかんだでイベントのおかげもあって結構滞在してそろそろいい時間になりました。

 

珍タクシーでホテルへ!

ホテルに預けてある愛しのリモワちゃんを救出すべく、空港へ向かう前にタクシーでホテルへ戻ります。

 

首里城前でタクシーを探していると、道路を挟んでクラウンアスリートのタクシーの運転席のパワーウィンドウがうぃ〜んと開く。

 

すると一言…

 

運ちゃん「乗るー?」

 

この後この運転手のタクシーに乗るのだが、この運ちゃんかなりの面白さ。

 

乗り込むと同時に運ちゃんガバッと振り返って一言。

 

「ドコカラキタ?」

 

一瞬ここはグアムかハワイかと錯覚するような会話である。

 

代表「んまぁ話せば長いけど札幌から来てとりあえず今日東京に帰る。」

 

運ちゃん「遊んだ?」

 

代表「うん、まぁ色々観光したよ。札幌の前にも海外アジアを転々としてたからさ」

 

運ちゃん小指を立てて「コレハ?」

 

??

 

運ちゃん「女の子」

 

代表「いや、それはしてない」

 

運ちゃん「ナンデ?」

 

運ちゃん「おじちゃんネ、今日も女の子乗せて観光行ったサ」

 

代表「それは観光タクシーで?」

 

運ちゃん「おじちゃんネ、いま首里城におしっこしに行ってた。そしたらたまたまあなたを載せることになったサ」

 

完全に話が飛び過ぎで付いていくのがやっとです。笑

 

その他にも延々と話し続ける運転手さん。書き続けたら終わりが見えないので、割愛。

ホテルまでが近くて良かったです←

 

ホテルまで10~15分ほど移動して最後は運賃を20円オマケしてくれた。

 

リモワちゃん救出空港へ!

 

再びホテル前からタクシーに乗り(普通の)空港へ向かう。

 

時はもう夕方だが、フライトまではまだ早い。そう言えば朝から何も食べていない事に今更気が付いたので、早めに空港に着いたら何か食べてやろうと食に興味のない代表がタクシーの中で企んでいました。

 

これが功を奏したのか、空港でこんなお店を発見しました。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190828061354j:image

 

そ、そうです。つい先日食べたそれです。

 

 

エンダーおかわり

A&Wについては先日お話しした通りなので、語ることはありません。

 

しかし、沖縄を去る前にもう1回だけ食べたくなってしまったので何も迷う事なくエンダーへ爆進しました。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190828061728j:image

 

もちろん飲み物はルートビアに決まってるぜ。

 

ここでのんびり食事をして、頃合いを見計らってラウンジに行く事にしたら結構早めかと思っていた空港到着時間も意外に潰れるものです。

 

この後、ラウンジでいつもの代表セットを飲み食いしなきゃいけないし、機内に乗り込んだら機内食(しかも夕食仕様)を完食しなければいけません。

 

とにかくエンダーは沖縄に行ったら何度でも行きたいですね。

 

 

いよいよ旅フィナーレ

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190828062333j:image

(知る人ぞ知る恒例の代表セット)

 

那覇ANAラウンジで代表セットを飲み食いしながら搭乗開始時刻を待っていると、この18日間の思い出が蘇ります。

やはり旅の最後にはどこか寂しさや切なさが頭をよぎります。

少なくとも「愛しさと切なさと心強さと」ではないです。←

 

羽田→福岡→仁川→台北→香港→マカオ→香港→成田→上海→仁川→新千歳→那覇と飛び回り、いよいよ那覇→羽田です。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063125j:image

 

今回の旅最後のフライトの相棒はB777-200. 言わずと知れた大型の双発エンジンが特徴的な機材です。(写エンジンってねぇけど)プレミアムクラスに搭乗します。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063144j:image

 

最終便と言う事もあり、プレミアムクラスにも空席がかなりありました。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063137j:image

これには訳があって、と言っても勝手な想像ですが…都心在住組は基本的に羽田に着いてから自宅までの足として電車かバスを使うのですが、この便の到着時刻が本当にビミョ〜です。

下手すれば羽田から自宅までの終電、終バスがなくなり羽田で足止めと言う方も出てくる時間帯に羽田に到着するのです。代表も例外ではなく、羽田からのリムジンバスの最終にウカウカしてると乗り遅れるので、飛行機から降りたらセカセカと歩きます。

 

言うまでもなく那覇から都内にわざわざ最終便で遊びに来る人はほとんどいないでしょう。

実際にひとつ前の時間の便までは空席は目立ちません。

 

それによりお隣さんも不在でした。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063122j:image

 

エンダーの後のデザート…

ではなく、キチンとした機内食のサービスです。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063133j:image

偶然だったのですが、うかい亭と言う有名なとうふの料理店。

東京タワーの真下に店舗もあり、夜ご飯の時間帯には緑ナンバーを含めたの黒のレクサスLSあたりが頻繁に出入りして行きます。官僚かどこかの企業の重役etc...車からも大体どんな人が来るか察しがつくでしょう。

もちろん一般のお客さんもいますよ。

決してお安い日本料理屋さんではありませんが、それに見合うだけの物とサービスを提供してくれます。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063130j:image

そのうかい亭のお食事が上空で食べられるんだから嬉しいですね。

うかい亭は関東にのみ、しかも少数店舗ですので、関東民かつ知ってる人にはかなり有名なお店です。

ANAも色々な有名店とコラボするけど、乗り天代表にはクリーンヒットなコラボなのでした。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063140j:image

大切な日に、大切な人といかがでしょうか。

www.ukai.co.jp

 

 

さて、You Tubeですが今回の乗り天アジアツアーのラストフライトは夜でしたから、映像には収めてませんがYouTubeで一部の方から人気のある【生音】シリーズをノーカットで収録して来ました。


【生音】 眠れる飛行機ノイズ B777 那覇-羽田 ノーカット 機内音 ANAプレミアムクラス イヤホン・ヘッドホン推奨

作業用・睡眠用など、飛行機に乗ってる気分になれる音ですので、雑音なんかも楽しみながらイヤホンやヘッドホンで聴いてみて下さい。

 

きっと飛行機に乗りたくなるはず。

 

 

ついに到着!無事に到着!

長い長いアジアツアーでしたが様々な思い出が出来ました。

18日前に出発した羽田空港に18日ぶりに到着です。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190828063147j:image

 

ひとり旅の予定で出発したのに、行く先々の各国で合流してくれた友人・知人に感謝したいです。

 

17泊18日の旅。

厳密には羽田からの滑り込むようにリムジンバスに乗り、帰宅したのが午前0時を少し過ぎたところだったので、17泊19日の旅でした。

 

ひと括りにアジアと言えど、国が違えば言葉や文化、通貨も考え方も違います。

そんな観点でアジアを見ると、何だか日本人である自分って世界からどんな風にみえているのだろう?と考えさせられる場面もありました。

 

 

そして何より人に恵まれた旅でもありました。

 

ハプニングも含め酸いも甘いも旅には様々なドラマが無限にあるからやめられませんね☆☆

 

乗り天アジアツアーと題してお送りして来たシリーズいかがでしたか?

 

近いうちに皆さんが読みやすいように、乗り天アジアツアーのバックナンバーをまとめた記事を、帰ってきて今の客観的な感想を一言づつ振り返りながら書く予定です。

 

読んで頂いた感想や質問などありましたら気軽にコメント・TwitterのDMなんでも頂ければ出来る限りお応えと少なくとも必ず返信は致します。

 

ブログ・YouTubeともにリクエストは随時受け付けています。

 

こんな事ブログで書いて欲しい、こんな動画をYouTubeでみたい!

等ありましたらいつでもどうぞ。

 

乗り天アジアツアーは終わってしまいましたが、この後もまだ控えているイベントがありますので、そちらは単発でブログにしたいと思います。

また、ちょっとした事でも出来る限りブログに書き溜めて行きたいと思います。YouTubeも理想は定期的にUPしたいですね。

 

これからも乗り物天国ブログ・YouTubeを何卒応援のほど宜しくお願いします。

 

って事で今日のまとめ〜!

 

レイトチェックアウトに救われた

 

ゆいレールに乗ってOKICAを手に入れた

 

2,000円札を手に入れた

 

首里城に行った

 

タクシーの運ちゃんの話が想像の斜め上から飛んで来た

 

エンダーおかわりした

 

ANAプレミアムクラスに乗ったらガラガラだった

 

そして機内食がうかい亭だった

 

少しの寂しさと大きな安心を胸に帰宅した♪♪

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

 

↓ブログの読者登録をお忘れなく。

 

 

 

 

↓乗り天アジアツアー初日から読む↓

www.norimonotengoku.com

 

ではまた~☆☆

#11 乗り天アジアツアー 韓国4

f:id:NORIMONOTENGOK:20190614051248j:image

そろそろ旅も後半戦と言っても良いでしょう。

こんにちは乗り物天国代表です。

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

 

乗り天アジアツアー11日目、本日も引き続き韓国です。

 

あっという間!!

パラダイスシティ内の、パラダイスホテルに日本から参加してくれた親友は今日帰国します。

パラダイスな生活はあっという間に終わり、今日からまたひとり旅です。

 

それに合わせて、ホテルを少しチープなところにカジノから離れるため移動するので、お昼にチェックアウトし、自分の荷物を持って一緒に空港へ見送りに行きます。

 

仁川空港はご存知目と鼻の先です。

友人とカジノの振り返りなどをしながら空港へ向かいました。

 

友人を無事に見送り、今日の代表はこの後マッサージ師である通称オモニと晩ごはんの約束をしているので、富川(ブチョン)と言うエリアに向かいます。

 

このエリアにはコスパの高いと言う意味で安い宿泊施設もありつつ、食事屋さんやショッピングセンターもある比較的観光地と言うよりは地元民で賑わう街です。

 

仁川国際空港からは1時間程度かかります。

と言うのも、話を聞いてみると1988年にソウルオリンピックが開催された時に、埋立地を作りその後空港を建設したそうです。

もっとも空港が開港したのは2001年のようですが…

 

なので、後から出来た仁川国際空港はいわば離島にある空港なのでどこへ行くにもアクセスはあまりよろしくありません。

 

乗り物の話

在来線を乗り継ぐ事1時間前後、富川に到着しました。

ここで、少し乗り物の話をしましょう。

韓国の鉄道は2種類あって、各自治体が運営する地下鉄と、国営のKORAIL(コレイル)があります。

日本で言えば私鉄とJRの違いに似ているので簡単ですね。

 

場所によっては直通運転をしているところがあります。

つまり、私鉄の区間からKORAILに自動的に乗り入れると言うシステムです。

むか〜し昔、代表が初めてこの乗り入れる瞬間に驚いた事があります。

後から聞いてなるほどそりゃそうだ…となりましたが…

 

何が起こると思いますか?

 

ズバリ停電です。

 

電車内の電気がバツン!と消え、数秒後にまた点灯します。

これは、会社が違うためここまではうちの電気、ここから先はおたくの電気。

と割り切っているからこのような事が起こるらしいです。

 

と、私はフト考えました。

例えば東京駅から新幹線のぞみ号に乗車し、岡山駅まで行くとしましょう。

すると、現在JRは分社化され別会社の扱いですから、乗り込んだ東京駅はJR東海、新大阪から先はJR西日本と言う事になりますよね。

しかし、新大阪で停電するでしょうか?

 

しかも、ご存知の方も多いと思いますが日本は東と西で電気の周波数が違うのです!

ざっくり説明しますと、東日本では50Hz、西日本では60Hz. 

しかし、東海道新幹線周波数変換変電所を設置し、50Hzを60Hzに変換して西日本から来る車両をそのまま東日本でも運行しているのです。

 

そう考えたら日本の場合は鉄道会社、電力会社、様々な企業が協力しないと成り立たない事もあるんだなぁ。と感心した事を覚えています。

 

韓国の一瞬停電するのがこれと同じ理由かどうかはわかりませんけどね。

でも、停電して復旧すると

お、KORAIL区間に入ったな。とすぐに分かります。

 

今夜のホテル

そんな事を考えながら移動して、今夜から宿泊するホテルに到着しました。

 

その名も「高麗ホテル」北にもそんな名前のホテルがあったようななかったような…という事はさておきこんな感じのホテルです。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190629053359j:image

外観「コリョホテル」と読みます。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190629053352j:image

お部屋の写真はあまり撮らなかったのですが、部屋自体はかなり広々していて、とても良かったです。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190629053402j:image

高麗ホテルを背に撮影した街並み。
f:id:NORIMONOTENGOK:20190629053356j:image

最寄の駅までは徒歩で真っ直ぐ歩く事2~3分です。

 

先ほども言った通り、飲食店やコンビニからスーパーまで揃っているので凄く便利なところです。

 

早速チェックインの時間です。

 

ここまで来ると、なかなか英語も通じないかと思いきや、代表のいくつかの質問に対しても一生懸命英語で返してくれました。コミュニケーションは全く問題なしです。

 

と、ここで陽気なオジ様登場です!

 

オジ様「ナニカモンダイアリマスカ!」

 

代表「いや、今受付の彼女に聞いたから大丈夫ですよ」

 

オジ様「ナニカモンダイナラワタシニイッテクダサイ!」

 

どうやら日本語の喋れるここのスタッフのようだ。←このタイミングで気がつく代表。

 

オジ様「ドコカライラシタ!」

 

代表「あぁ、東京だけど、色々旅してる最中で、今回は上海からソウルに来ましたよ。」

 

オジ様「ワタシハカタガスキデス」

 

代表「そうですか。旅の始めは福岡からでしたよ。」

 

おじ様「ワタシワイシカワニイキマスニホンジンガスキデスダカラニホンゴヲハナシマス」

 

代表「そうですか。また日本に来て下さいね。」 

 

おじ様「ハイデハゴユックリ」

 

このように英語どころか日本語話したくて仕方ないオジ様に遭遇し、不思議な気持ちになったのと、一瞬その過剰な接客に北の監視がよぎったのは言わないでおこう。。←

 

昼寝ぇ!晩飯ぃ!!

1人になってしまったし、このホテルにはカジノもない。フロントに降りれば一目散に日本語オジ様に捕まるだろう。笑

 

散策に行きたい気持ちも山々だったが、このエリアには昔からよく来ているから、珍しい物も大してないので、とりあえず晩ごはんまで少し時間もあら事だから思い切って昼寝をする事にした。

 

……

 

 

午後7時頃だっただろうか、枕元で電話がなっている。マッサージ師のオモニだ。

「仕事が終わる時間のメドが立ったから、そろそろ晩ごはん行きましょう!あなたは今どこですか?」

私は昼寝をしていた事を伝えた。

「じゃあ準備しといてください!」

こう言われ、シャワーを浴び食事に出かけた。

 

食事と言ってもローカルな簡単なお店で味よし、価格よし、雰囲気よし!なイメージの店。

 

ビビンバをシェアして食べました。

 

美味しかったなぁ。

 

写真は撮り忘れ…

 

普段食に興味のない代表も、韓国に行くとなぜか食欲が出るので、韓国料理と言うものは本当に不思議です。

 

 

忘れていた…

その後、ホテルに帰ってフト思い出しました。

 

この旅の終着点を決めなければならないと。

 

そうなんです。

特典航空券は仁川から新千歳へのフライトが最後。

ここからは自腹で移動しなければなりません。

最終的に代表のホームである羽田に到着しなければならないのですが、仁川-羽田を選ばなかったのには理由があります。

 

それは…

 

 

国内最長路線!

現在飛行機の国内最長路線はANAが1日に一便だけ(一往復)飛ばしている新千歳-那覇線だという事をご存知だっただろうか?

つい最近JALA350が導入されると耳にしたが、最初は羽田-福岡線を。

その後、新千歳-那覇線を飛ばす計画もあるようだ。

 

細かい事はさておき、現在ANAの新千歳-那覇線が国内最長路線ってわけ。

 

これに挑戦したい!

この思いがあったので、特典航空券の到着地を新千歳にしていたのです。

 

もちろん新千歳-那覇のプレミアムクラスを予約するのは激戦です。

B737と小さな機材を使用していますので、プレミアムクラスは僅か8席!

 

YouTubeの撮影がしたいので窓際を取らなければいけないので、事実上4席。

カメラのアングルを考えると2Kの席がベストなので、狙うはこの1席なのです。

 

実はこの席が取れたので、これに合わせて新千歳に向かうよう韓国で時間調整をしていると言っても過言ではありません。

 

本当はもう少し早く韓国を後にしても良かったのですが、様々な航空券の制約があるため、韓国に長めに滞在する事となったのです。

 

そして、問題は那覇のホテルを取っていなかった事!

 

さらに那覇から羽田に帰る手段を確保していなかった事!

 

私は慌ててホテルの部屋でまずANAのアプリを立ち上げ、那覇-羽田線の予約状況を確認しました。

 

プレミアムクラスに乗るなら、最短でも那覇に3泊4日はしないと帰れないみたいです。。

4日目の最終便だけガラガラです。

 

それを予約しつつ、今度はホテルです。

ホテルは案外すんなり取れましたし、後日沖縄編で詳しく説明しますが、ANAのマイルもしっかりためられるホテルが取れたのでとても良かったです。

 

と、いう事で、この時点で残りの乗り天アジアツアーは仁川-新千歳-那覇-羽田と言う旅程が確定しました!

 

当初は沖縄から離島に行こうか迷いましたが、今回はすんなり帰ることにします。

 

って事で今日のまとめ〜☆

 

親友がもう帰っちまった!

 

リゾートホテルから庶民派ホテルに移動したよ。

 

高麗ホテル…う〜む。気になる名前だ。

 

韓国に行くと食欲が出るよ!

 

韓国の後は念願の国内最長路線に搭乗します!

 

 

ではまた〜☆☆

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

 

↓ブログの読者登録をお忘れなく。

 

#4 乗り天アジアツアー マカオ・香港

f:id:NORIMONOTENGOK:20190429090247j:image

昨晩はマカオで非日常を楽しんで旅が勢い付いたアジアツアー4日目。

こんにちは乗り物天国天国代表です。

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS

Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

マカオから香港へ戻る

さて今日はマカオから香港です。

 

大きなベッドに1人の朝。

前日の晩にセットしておいたアラームがバイブレーションと共に聞こえてくる。
目を覚ましたのはチェックアウトの1時間前。

 

シャワー浴び、ケータイの充電器やら何やらをカバンに突っ込んだらもうマカオとはお別れ。
名残惜しいが、カジノの鉄則は長くやらない事。。勝ち逃げってやつ!

 

この世の物とは思えないほど豪華に飾られたホテルのエントランスを抜け、フェリー乗り場まではホテル前から出る無料のシャトルバスで行く。

フェリー乗り場に着き、行きと同じくターボジェットに乗り込み目指すは「香港

f:id:NORIMONOTENGOK:20190429090433j:image

 

マカオから香港行きと言っても様々あり、行き先には注意をしたいところです。

私の場合は上環に行きたいので「香港行き」に乗った。

上環行き」と書かれてないのが難しいが、チケットの購入前に行き先を告げてどのフェリーに乗るのがいいか尋ねてみるのが無難でしょう。


「香港行き」に乗ると着くフェリーターミナルは 香港の「上環」と言うエリアにある。

 

そもそも香港とは大きく分けて香港島と九龍島の2つから出来ており、どっちサイドに行くのか、あるいは両方まわるのか事前に決めておいた方が良いと思います。


もちろんターボジェット香港島に着くものもあれば、空港へ向かうもの、九龍島に向かうものもあるので自分の行きたいところのチケットを買って乗ると便利。

 

ちなみに香港島と九龍島は海を隔てた対岸にあるのだが、車、電車、船、とアクセス手段も豊富で、まるで別々の島とは思えない。距離も目と鼻の先と言った感じで、船で渡っても7-8分で気軽に渡れる。

 

香港と言えば100万ドルの夜景が有名だが、この100万ドルの夜景は香港島側から見る九龍島と、九龍島側から見る香港島の2種類があるのです。

または、夜船に乗ると船で海を渡りながら両方の夜景を見ることが出来るので夜船に乗るのは非常にオススメ!

しかも、船は以前のブログでも簡単に紹介した「オクトパスカード」でピッと気軽に乗れるので予約などは一切必要ない。便利な世の中ですなぁ。

 

 

今回の香港。

前回の香港はブログに書いているのでそちらを読んで頂くとして、今回は何をしたのか。。。

www.norimonotengoku.com

 

香港には2泊3日の滞在です。
そして、香港にはお友達が住んでいるので香港に行くからには会わない理由はない。

事前に行く日を伝えておいて、友達に会うと言う事自体が目的でもある。

 

そのお友達はありがたい事に私を色々と観光に連れて行ってくれようとプランを練ってくれるのだか、乗り天代表まさかのノーリクエスト。と言うかあえてのノーリクエスト。

 

前回香港で有名な観光名所は大体まわったので、今回はゆっくりとローカルなところで

「地元の人の日常」

のような物を見たかったのです。


だからリクエストはなし。ノープランでイイよと伝えておきました。

 

うめぇぇぇ!!!

ホテルのチェックイン時刻に合わせてマカオを出発したので、香港に着いたのは16時ちょっと前。

先ほど話した友達が上環のフェリーターミナルまでわざわざ迎えに来てくれて一緒に私が予約をしておいたホテルへ荷物を置きに向かった。
実はこのホテル、友達の家の隣なのだ。。笑

本当に隣。

一緒に行動するなら近い方がいいよね?とそのホテルを紹介して貰ったので(半ば強制的に)そのホテルを予約した。


ホテルに荷物を置き先ず向かったのは「鼎泰豊」!!

f:id:NORIMONOTENGOK:20190429090327j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190429090324j:image

 

おい、お前台湾から香港に来たんじゃないんかーい!!って思った方大正解。笑
台湾に本店がある小籠包が有名な鼎泰豊。日本にも店舗があるし、もちろん香港にもお店がある。世界中どこで食べても鼎泰豊の小籠包は美味いのだ!!

 

台湾でも鼎泰豊に行った事はあるが、台北にある本店には行った事がないので今回は行くぞ!と思っていたのだがその夢は儚く散ったので香港で鼎泰豊に行った。


と、言うかですね…たまたま友達が「台湾帰りで申し訳ないけど、鼎泰豊いかね?」と言って来たので超NICEじゃん!と心の中で叫んだ。

 

香港の夜は長いらしい。

鼎泰豊で大満足したその後、さぁどうすっか?って話になった時、友達がこう言い出した。

香港の夜は長いぞ」と

確かに香港に行くとエネルギーを感じる。何だか元気になると言うか、不思議な覇気や活気を感じる。これは元気なアジアの国特有なものだと個人的にそう思う。

しかし乗り物大好き乗り天代表も連日フライト続きで、この日はフライトこそなかったものの、マカオから高速船に乗って移動して何だかんだで歩いてそこそこ疲れが溜まっていた。

 

なので、挙手し、急遽リクエストを申し出る。

 

いや、心の中ではリクエストではなくこれはもうオーダーだ…

 

マッサージ!

乗り物も大好きですが、マッサージも結構好きなのです。

んじゃあ前行った事あるとこ連れてくよ~って連れてって貰った店は潰れてて…笑

 

んで、香港にはマッサージ屋さんが結構たくさんあるので(しかも安い)行き当たりばったりで入ったマッサージ屋さんで指圧を受ける。

疲れていた身体が少し軽くなり、後は寝るだけ…そんな気持ちになっていたところに、、、

さ。行こう!

の友達の一声。

 

香港の夜はまだ終わらなさそうだ。。

 

そして向かったのは、友達が働いていると言う飲食店。
お腹はいっぱいだから特に何を食べるでも飲むでもないけど、行く。

 

しかしここでも香港の人々の活気に引っ張られ何だか夜が深くなるに連れ元気になって来た気もしないでもない。。

 

香港パワー恐るべし。

 

ホテルに帰る。

と言っても友達の家のお隣のホテル。

帰る前に友達の家にちょっとお邪魔して、友達のご主人にもご挨拶。

猫好き猫アレルギーである乗り天代表に猫が擦り寄る。

 

か、可愛いが…かゆい。

 

2匹の猫たちを見ながら話す事小1時間、そろそろ帰ろうかなと思ったそのタイミングで…

 

まさかの友達椅子に座りながら突然の寝落ち。←

 

最初はご主人と一緒に起こしていたのだが、支離滅裂なことを言い出したので、諦め掛けたその時。

 

畳み掛けるようにご主人寝落ち。←←

 

んで、これ以上お邪魔していても迷惑なので、こっそりトボトボ本当にホテルに帰る。

ホテルまでは徒歩25秒。

 

シャワーを浴びて即寝したのは言うまでもない。

こうしてアジアツアー4日目終わる。


お〜っとっと。言い忘れていた。

 

洗濯屋のオヤジ。オヤジの洗濯屋。

このアジアツアー、フライト数が多いので、飛行機に乗る時いちいち荷物を預けていたらキリがないし、荷物を無くされるリスクも高い。なので機内持ち込み出来る分しか荷物はない。

 

大体2泊3日用位のサイズの前に紹介したお気に入りのリモワのスーツケース、プラス貴重品入れぐらいしか持ってないのであります。。最低でも15泊以上だけど。

 

まぁ実際は7日分位の服をパンパンに詰め込んでいるので何とかなりそうだけど、どこかで洗濯をしないと絶対に足りなくなる。北海道と韓国を除けばTシャツ一枚でOKな気候の場所ばかりなのが幸いだ。

荷物の少なさに関しては散々話したが、もちろん私がこのタイプの圧縮袋を使っている事を、感の良い方は瞬時に察したであろう。

旅行に行く際は必須アイテムです。 

 

ところがやはり香港で一回洗濯しておきたかったのです。

いや、洗濯をしなければならないんです!

 

残念ながら宿泊したホテルにコインランドリーはなかった。

すると、香港にはクリーニング屋さんでもコインランドリーでもない洗濯屋という物があると友達が言う。

 

???

 

詳しく聞くと、その洗濯屋と言うのは洗濯機で洗って畳んで渡してくれると言う、つまりはコインランドリーの代行屋みたいな位置付け。ドライクリーニングとかではないけどとりあえず洗っといてくれて、ちゃんと綺麗に畳んでパッキングして返してくれる。

 

これぞ求めていたローカルだ。

 

その洗濯屋にこの日洗濯物を出すと、翌日の昼以降受け取れると言っていたので洗濯屋のオヤジさんに大事な大事な数少ない洋服を託した。

 

料金はオヤジの目分量で450円程度。

 

いつもは、はかりで重さによって料金が決まるらしいが、今日は目分量。
渡す前から30HKDって言ってた。

 

香港っぽくていいじゃん!洗濯屋のオヤジさん!!
出した量に対して非常に安いと思いました。

 

コインランドリーより楽だし、クリーニング屋さんより安い。そして早い。

オススメです。

 

順番は前後しましたが、これが香港着いて1発目の話。

 

これで4日目のアジアツアー本当に終わり。

 

ってなわけで、今日のまとめ〜☆☆

 

マカオから香港へ戻る高速船は数種類あるから行き先注意!

 

鼎泰豊は世界中どこで食べても美味しいのだ!

 

香港ローカルなマッサージは安い!

 

香港の夜は長い!

 

香港では洗濯屋を利用しよう!

 

 

記事が少しでも面白かったらSNS等で拡散して頂くと乗り天代表は大喜びします。

 

もちろんまだまだアジアツアー続きます。

↓↓読者登録して続編をお待ち下さい。

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS

Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

#3 乗り天アジアツアー 台北・香港・マカオ

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192934j:image

アジアツアー3日目でございます。

こんにちは乗り物天国代表です。

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS

Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

さて今日は台湾を出発して、香港、そしてマカオへ向かいます!


やっと目的地?

福岡も韓国も台湾も私にとっては目的地なのですが、飛行機のチケットとしては香港が行きの目的地です。

なので、福岡→仁川→台北と飛行機を乗り継ぎやっと香港にたどり着く言う事です。

 

逆に言えば、目的地は香港であり乗り継ぎ扱いではないので、何の制約もなく何泊するかは自由に決められます。福岡と仁川と台北は乗り継ぎ扱いなので24時間以内に出発する必要がありました。

 

目的地に直行して現地を長く楽しむのもいいですが、乗り継ぎは乗り継ぎで、毎日飛行機に乗れるその事自体が楽しいです。

 

 

香港とマカオへ行く。

香港とマカオは近く、香港から高速船に乗って1時間とちょっと。
日本からマカオだけに行こうとするといけない事もないですが、香港を通るルートが最も効率的であり一般的です。


その為みなさん「香港・マカオ」に行って来た。

 

と、一括りに表現する方も多いと思います。

 

今日のフライトも昨日と同じくエバー航空A330-300です。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424182504j:image

 

昨日の機体はキティちゃんカラーではなかったのですが、今日はキティちゃんに乗れました。キティファンではなくても何故だかテンションが上がります。笑

 

台湾の空港にエバー航空のキティラウンジ?のような発券機のスペースもあったので、乗ってみたいなと思っていたらたまたまキティちゃん塗装機でした!

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424182808j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190424182812j:image

 

機内もとってもファンシー☆☆

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424182929j:image

 

乗り天チャンネル恒例の機内アナウンスをどうぞ。

 

 


【高音質】 エバー航空 機長・CA 国際線 機内アナウンス 台北-香港 #乗り天アジアツアー イヤホン推奨 中国語 広東語 英語

 

エバーの機内で出された機内食のお菓子と、食後に出て来た烏龍茶が美味くて美味くて。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190429090928j:image

感動してテンションが上がりましたが、現実を考えなくてはなりません。。

香港空港到着後、直接乗り継ぎ扱いで高速船に乗りマカオに渡るつもりが、先日のブログでお伝えした通り私、の場合「香港への入国」が必須と言う事で案内をされましたので残念ながら香港空港から乗り継ぎ扱いでマカオへ入国と言う事は出来ません。

 

そして入国後、再度香港を出国して高速船に乗ろうかと代替案を考えていたのですが、色々調べてみると乗り継ぎ扱いでしか香港空港からマカオ行きの高速船に乗れない事がわかりました。。

 

つまり空港から出る高速船に乗れる条件として、飛行機を利用して香港に到着し、かつ入国しない人に限られるのです。

 

なので空港からなるべくアクセスの良いフェリーターミナルを目指すべく、香港へ入国後は電車に乗り、香港駅で乗り換え上環と言うところにあるフェリーターミナルへと向かいます。

 

ちなみに香港には数カ所マカオ行きのフェリーターミナルがあり、空港から乗船出来ない以上はここから乗船するのがベストだと判断しました。

 

香港空港からはエアポートエクスプレスで香港駅までアクセスが楽です。

機場快線とも言います。

 

そのエアポートエクスプレスの車窓映像をノーカットで収録して来ました!


【フルHD】 香港エアポートエクスプレス 機場〜香港駅 ノーカット 車窓映像! #乗り天アジアツアー

そして私は香港駅からMTRに乗り換えフェリーターミナルのある上環を目指します。

 

先にマカオに行っちゃう。

 

D33 地球の歩き方 マカオ 2018~2019

D33 地球の歩き方 マカオ 2018~2019

 

 

大きく分けて、日本から香港とマカオ両方へ旅行する場合2つのパターンに分けられると思います。

 

香港観光をしてマカオへ行き香港経由で帰ると言う方。

 

マカオまで一気に行き、帰路で香港に寄ると言う方。

 

今回はマカオまで一気に行くパターンです。

 

と言ってもマカオ…。

何もないと言えば語弊がありますが、ご存知の通りカジノの街。

 

ホテルの相場も比較的高く、そう長く滞在しても仕方がないので軽くカジノの雰囲気を感じたところで帰って来る。と言うのが私の企みです。

 

カジノのあるホテルは設備や部屋の広さ、立地。どれを取っても抜群です。
さらに言うと、カジノにはいればドリンクはもちろん無料。食事まで無料で振る舞う場合もあります。
そう考えればホテル代が高くてもコスパは高いと思います。

ま、全てはカジノでお金を使うか否かによりますが…。


なのでカジノで稼ごうもんなら大儲けと捉えましょう。

そんなこんなで、様々な理由からマカオには一泊のみ、残りは香港で過ごす事にしています。

 

今日の余談。←

これはあくまでも個人的な体験に基づいた話なので、全てが当てはまるかどうかはわかりません。

言語の違いから不安に思う事や困る事は旅には付き物。

実際行ってしまえば大丈夫だと思いますが、今回のここマカオでは日本語はもちろん英語も通じないと思った方が良いでしょう。

ホテルにもよりますが大きなホテルでも英語が話せる方と話せない方がいます。

もちろん流暢な英語を喋る方もいます。


また、カジノ内は中国語圏から来ている客が多いので人にもよるとは思いますが、客同士の意思の疎通はなかなか難しいものがあります。

しかし台湾でのブログでも言いましたが我々日本人の強みとして、漢字が読める事!!

 

これは強いです。

 

英語が苦手な方でも案内表示や食事のメニュー等を大体は理解する事が出来るでしょう。

 

先ほど中国語と言いましたが、中国語も地域によって様々です。

中国本土では「北京語」などを使いますが、

香港、マカオ深センあたりでは「広東語」と言われる言葉が使われています。文字も中国本土で使われる簡体字とは違い繁体字が描かれる事が多いようです。

 

文字にも繁体字簡体字、漢字と同じ意味でも書く文字にも違いがありますから100%理解出来る。ではなく「大体は理解出来る」と表現しました。

 

この繁体字簡体字、漢字の違いでわかりやすい例が「広い公園」などと言う時に書く

この「広」の字です!

 

私たちが使う漢字では上記のように「広」と書きますよね。

繁体字では「廣」

簡体字では「广」

 

繁体字は昔ながらの画数の多い旧字体の様な印象で、簡体字は省略された文字なのです。

私たち日本人からすると省略された簡体字よりも、画数の多い繁体字のほうが読みやすいかもしれません。

 

ですから、繁体字が使われる台湾、香港、マカオあたりでは漢字が読めれば大体の文字は読めるのです。

 

中国語はさておき、香港ではマカオに比べ英語が一般的にかなり通用しますが、いわゆる「香港訛り」の英語が返って来ます。日本語訛りで対応して下さい。←

 

 

さてさて、余談が長くなりましたが香港からマカオへは高速船でアクセスします。


高速船!!

こんなやつ。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424190529j:image

TURBO JETとそのままの名前が付いています。乗船中は飛行機のようなキーンと言う、アラレちゃん風な←タービン音が心地よいです。
速度もGPS計測で大体75km/h前後。


かなり速いです。

 

リアウイングなんかが付いていて、エアロパーツで武装したスポーツカーのような、いかにもな雰囲気を出しています。やる気満々で走れそうなフォルムですよね?笑

リアビュー

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424190526j:image
はっきり言って船内はエアコン効き過ぎで相当寒いです。


エアコン効き過ぎは飲食店等でも同じことが言えますので、いくら暖かい時期でも1枚羽織るものを持って行って下さいね。

 

このターボジェットですが、日中は結構な頻度で往復しているので、予約なしで当日でもチケットは買えます。

チケットを買い乗船口に行くとそこでチケットに座席番号が書かれたシールをペタッと貼られ、座席の指定を受けます。その番号の席に座ればいいのです。

 

上環からマカオまでのチケットはこの日現在171HKDですが、どのチケット売り場も周りにダフ屋みたいな人達がたくさんいて少し安く売ってます。

その人達のチケットの入手方法や、その行為が合法か、非合法か。

または彼らの儲けの詳しい仕組みは何もわかりません。

とにかくちゃんと乗れるようですが、チケット売り場の前で堂々と安売りしていますし、正規の窓口もその行為に何も言っていません。

駅前にある金券ショップとも違いますから、日本で例えるならば、みどりの窓口の前に立って電車の切符を安売りしているような感じでしょうか。


買う際は自己責任で…。

 

 

黄金都市マカオ!!

 

D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2019~2020

D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2019~2020

 

 

 

とか、言ってみましたがあんまり盛ってません。←笑

 

本当に金ピカで、24時間年中無休で夜な夜な札束が飛び交う街。

建物は何だか金色が多くてネオンやLEDの光に吸い込まれるような気分になります。

 

特別人や車が多いと言った印象はありませんが、ホテル内はどのホテルもカジノにショッピングで大賑わい。室内から出ないのもわかります。特に深夜になれば煌びやかな光だけが街を照らし、人々は室内で熱い勝負を繰り広げているのです。

 

今回のマカオの写真をしばしご覧下さい。

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192642j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192636j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192623j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192630j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192627j:image

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192633j:image
f:id:NORIMONOTENGOK:20190424192646j:image

 

外観はまるでどこかのテーマパークのような姿ですが、中も五つ星ホテルだけあってなかなか豪華です。シャンプーやリンス、石鹸までエルメス!!

おっと、エルメスだからと言ってLAXのようなツヤのある髪とDoveのような潤い肌を期待してはいけません。髪の毛キシキシ、お肌カサカサになりました。

香りは良かったです。笑

こーゆーのは雰囲気が大事なんですよ!!笑笑

 

 

ラックス ダメージリペア 補修シャンプー ポンプ 430g

ラックス ダメージリペア 補修シャンプー ポンプ 430g

 
Dove ダヴ 泡ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア ポンプ 450g

Dove ダヴ 泡ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア ポンプ 450g

 

 

 

カジノ

 

カジノ内は撮影禁止なので写真が無いのが残念です。

 

この夜、合計40~60分程度でしょうか。2回に分けてカジノでブラックジャックを楽しみました。

 

結果は2回とも快勝。

 

「え?マカオまで行って大体約30分を2セットだけ?」

 

と思ったアナタ。。NoNoNoですよ。

 

カジノという場所は長くいればいるほど負けるものです。

 

その根拠として各ゲームに「ハウスエッジ」と言う物があります。

このハウスエッジと言うのは簡単に言うとカジノの儲け分がどのぐらいあるのかをパーセンテージで表した物です。

 

ハウスエッジのパーセンテージが低ければ、私達プレイヤーにとって有利であり、反対にハウスエッジのパーセンテージが高ければその分ディーラーが有利、つまり私達プレイヤーが不利だと思って下さい。

 

極端な例ですが…

ハウスエッジ2%だとすると、100万円使った場合、計算上2万円はカジノが持って行く。

ハウスエッジ50%だとすると、100万円使った場合、同じく計算上50万円はカジノに持っていかれる。

 

こんな具合です。

 

ルーレットの赤か黒か。これが皆さん分かりやすいと思うのですが、もし赤に24時間ずーっと賭けていたら大体2回に1回、つまりは50:50で赤と黒が半々になると思いませんか?

半々ならば勝ちも負けもなくトントンで帰って来れると思いませんか?

 

ところがルーレットには「0」と言う数字があり(カジノによっては「00」もある)緑なのです。

この0がある限り赤にずーっと賭け続けていると、数%の確率で出現する0によってプレイヤーは負けてしまいます。

要するに、ズバリその数%がハウスエッジなのです!!

 

もちろん0に賭けていれば35倍の払い出しが得られますが、そう毎回0に賭けていても、0が来る確率は35回に1回より低く、ようやく払い出しを受けても掛け金のほうが高くなってしまう事が多いのです。

ピンポイントで賭けていた0が当たるなんて言う事は宝くじが当たるようなもので、確率の観点から見ればただのラッキーでしかなく不利な賭け方です。

まぁ、運試し!とか、ビギナーズラック!みたいなものも必要ですしカジノの醍醐味ですけどね!!

 

つまり言いたい事は一つ。

 

ルーレットで言えばカジノ側からすると赤でも黒でもない0が存在する事で儲けを出していると言う事です。

 

私がプレーしたブラックジャックと言うゲームの詳細なルールは割愛しますが、トランプを使い、合計数が21を超えない範囲で21に近い方が勝つと言うもの。21を超えれば負け、逆にディーラーが21以上になればプレイヤーは勝ちです。

プレイヤーが何人居ても常にディーラー対プレイヤーの戦いでプレイヤー同士は勝負をしません。

しかし、他のプレイヤーがカードを引くか引かないかによって、ディーラーのカードを左右するのでプレイヤー同士もある程度の経験や知識がないと周りに迷惑をかけてしまいます。

 

自分が勝つと言うよりも、ディーラーを負けさせる=21以上にさせる。

と言う事が勝負のキモとなります。

 

ブラックジャックを選ぶ理由はハウスエッジがルール上、完璧なプレーをすれば他のゲームと比較して少ない(パーセンテージが低い)ので、単純に勝つ可能性は高いです。ブラックジャックのハウスエッジは0.5%前後と言われています。

しかしながらハウスエッジが0ではない以上、長期的に見るとカジノ側が有利なのです。何と言ってもカジノと言う所は365日24時間営業しているわけですから…。

 

しかし狙い目はこのハウスエッジの低いゲームで勝ちを狙うしかない訳です。

 

ちなみに身近な所で言うと、パチンコだと10~15%、宝くじにおいては約50%がハウスエッジ、つまりは賭けた額の50%は理論値では失うように出来ています。

競輪・競艇等の公営ギャンブルでも25%程がハウスエッジです。

 

これに比べるとブラックジャックの0.5%って、有利ではないものの限りなくプレイヤーとディーラーのいい勝負だと思いませんか?

 

 

私の場合大体のプレー時間と目標額を予め決め、目標額を上回ったら、あるいは決めた時間になったら、このどちらか早い方が来たらすぐ辞める。

流れが悪かったり他のプレイヤーと相性が悪ければ、一旦部屋に戻り再度カジノに行く。

一見意味のないような行動でもダラダラカジノのにいてジワジワ取られるハウスエッジを避けるため理由があるのです。

 

決して「熱くなって負けた分を取り返そう」などと思ってはいけないと思います。

 

欲を出さずに短時間で勝って、この日は豪華な部屋で眠りにつきました。

 

 

ってなわけで、今日のまとめ〜!!

 

 

 

香港空港からマカオ行きの高速船に乗るなら入国してはいけない!!

 

中国語にも色々!!

 

高速船はとにかく寒い!!

 

マカオは非日常!!

 

カジノは戦略的にやれば怖くない!!

 

記事が気に入ったら、SNS等でじゃんじゃん拡散お願いします。乗り天代表は両手を広げて喜びます。←

 

まだまだアジアツアー前半です。

↓↓もちろん是非とも読者登録もお気軽にお願いします☆

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS

Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

ではまた〜☆☆

#2 乗り天アジアツアー 韓国・台湾

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424034540j:image

まだまだ序盤、アジアツアー2日目を迎えました。
こんにちは。乗り物天国代表です。

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS

Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

韓国の朝!

韓国はあいにく一晩中強風と雨で一歩外に出ると寒くて仕方がないので部屋で過ごしていました。


最低でも15泊の旅ですから、荷物を極力少なくしたいと思い着るものも最低限で挑んでいるのです。

 

韓国と北海道以外に行く予定にしているところは、比較的暖かい地域という事もあって持って来た上着は数枚程度で済みましたが、やはりその装備で韓国は体感温度が寒かったです。

 

このアジアツアーの終盤でもう一度韓国に戻ってくるのでその時には少し暖かくなってくれればと…。

 

さて、今日はお昼にフライトがあるので仁川空港に向かいます。と言ってもシャトルバスで2-3分。歩いた方が早いのではと言うほどの距離です。

 

仁川空港は決してコンパクトではなく横に長~いので無駄なく移動しているつもりでも結構長い距離歩きます。
保安検査通過後もゲートまで遠い場合があるので、利用される方は早めに行動して損はないと思います。

 

台湾へ!!

今日のフライトの相棒はエバー航空A330-300でソウル仁川-台北(桃園)です。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424013419j:image

フライト時間は2時間半程ですが、韓国、あるいは日本と時差が1時間あり、台湾の方が1時間遅れているので台湾にに着くと体感的には1時間半しか経っていないような感じです。


12:00発 13:35着フライト時間は2時間半と少し。と言う具合。

 

またまた機内アナウンスを収録しましたので、お聴き下さい。


【高音質】 エバー航空 機長・CA 国際線 機内アナウンス 仁川-桃園 #乗り天アジアツアー イヤホン推奨 中国語 英語

 

仁川では前日から降り続いた雨が残っていて離陸時もどんよりとした空でしたが、高度を上げ、分厚い雲を突き抜ければそこは晴天の大空です。

 

朝はゆっくり寝ていた事と、朝食を食べるなら空港で…と考えていたのですが、チェックインカウンターに寄ったりしていたら時間がそれほどなく、本日1食目は機内食を頂きました。(食にこだわりない奴)

 

チェックインカウンターに寄ったのは前回のブログでもお話しした通り、予約は出来ているけどパスポートチェックが各国で必要になるかも。と言われていたためです。

ちなみに前日の福岡-仁川線に搭乗した際に仁川-台北線のチケットをアシアナ航空が発券してくれましたが、搭乗ゲートの欄だけブランクになっていたので、アシアナ航空からも、

 

「発券はしとくけど、当日エバー航空のカウンターに行って確認するんだよ」

 

と言われました。

 

案の定仁川空港のエバー航空カウンターで事情を話すと、じゃ、パスポート見せて〜と言われスキャンし、その後アシアナのチケットは回収され、新しいエバーの搭乗券が発券されました。もちろん言うまでもなく搭乗ゲートの記載もあります。

 

そんなこんなで時間が必要だったので朝食を後回しにしていたら機内食の時間となってしまいました。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424014059j:image

機内食は台湾っぽい独特の味で台湾に着く前から台湾の雰囲気がプンプンしていました。

ちなみにエバーで食後に飲んだ烏龍茶が非常〜に美味しかったです。香りが良いしサイコーでした。

 

あと、シートベルト。ふと気がついたんですが、EVAのロゴが入っているだけで何かカッコイイ。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190525090750j:image


台湾到着!!寒暖差!!

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424014748j:image

同じアジアの国と言えどやはり気温は様々。

日本の東京を基準に考えると、韓国は日本と大体同じかちょっと寒い。
香港と台湾は暑い!そしてジメジメ湿度が高い。

当然ながら日本国内でも北海道と沖縄の気温を比べたら同じ日本国内でも相当な違いがあるわけですから、国が変われば服装も一気に変わるわけですね。

寒い所にいれば暖かい所が恋しくなり、蒸し暑いところにいれば涼しいところを求める無い物ねだりな性格は私だけではないハズ…

 

台湾に着いてまず1番最初に感じる事はやはり暑い!!

しかも気温だけでなく湿度が高いから不快指数と言うのか…それがやたらと高い。

 

台北には2つ空港があり、松山空港桃園空港があります。

正確には桃園空港があるのは桃園市なのですが、フライトではどちらも台北行きと言う事が多いと思います。

 

台北市内に近いのが松山、少し離れた所にあるのが桃園です。

台北こそ初めてではないものの、今回私は初めて桃園空港に到着しました。

 

今回は乗り継ぎ扱いで滞在時間に制限があるため、市内には出ず少しローカルな雰囲気を感じたいと思いながら桃園に向かいました。

 

D10 地球の歩き方 台湾 2019~2020

D10 地球の歩き方 台湾 2019~2020

 

 

 

電波ぁ!!

さて、皆さん海外に行く時にケータイどうしてますか?

ポケットWi-Fi

ホテルのWi-Fiのみ?

少数派だと思いますが、国際ローミング

 

私はどの国もSIMカードを差し替えて使ってます。

今回はアジア数カ国に行くので、それぞれで使えるSIMカードを日本で事前に手に入れておきました。

Amazonとか楽天とかで「国名 SIM」とか検索したら出てくるはずです。

 

今回買ったSIMカードこちら

【正規日本語版】 大中華 30日間( 中国 香港 台湾 マカオ 30日間 データ通信専用 無制限 プリペイド SIM カード)中国聯通 (無制限)

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424015824j:image

 

 

台湾、香港、マカオ、中国本土で開通させてから30日間・4GBまで使えるSIMカードです。

韓国だけ入っていませんが、今回のアジアツアーにもってこいだと思いませんか?

厳密には無制限なのですが、4GB以上使うと日本でもおなじみの速度制限がかかるので、4GB以上使ったらほぼ役立たずです。

このSIMカードSIMフリー端末に入れて「テザリング」をします。

テザリングとはホットスポットとも言いますが、その端末が受信した電波をWi-Fiに乗せて飛ばす事が出来るので、要するにその端末がポケットWi-Fiの役割を果たしてくれるのです。

こうする事で、メインで使うスマホWi-Fi掴んだ状態になるし、iPadだってパソコンだって通信可能になるわけです。友達とシェアするのもいいですよね。

あとは通信制限との勝負ですが…なので足りない方は2枚3枚と必要になる分SIMカードを買って行って、4GBで使い捨て。のようにすればいいのです。

価格は容量や国によっても違いますが800円〜2000円程度です。

ポケットWi-Fiをレンタルするより安く、借りたものを無くしたり壊したりする心配もなく、意外に重たいポケットWi-Fiの本体を持って行く必要もポケットWi-Fiの本体を充電する必要もないので自信を持ってオススメします。

 

だって、スマホのある便利なこの時代電波無かったら空港からホテルまでの道のりもわかりませんからね…電波なかったらこのブログだって読んでもらえないじゃないか。←怒

 

 

ホテルへ移動

着陸寸前に機内でSIMカードを差し替えたら早速ネットが使えます。

それを頼りにMRT(台湾の地下鉄)に乗りホテルを目指します。

台湾メトロは切符の代わりにこんなコインが出てきます。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424022011j:image

値段表を見て、行き先までの金額分買えばいいのです。

 

ハッキリ言って超簡単です。

 

なぜならあなたはこのブログを読めているから。

 

そう。

 

日本人は漢字が読めるのです!!

全てが同じとは言いませんが、台湾で使われている繁体字は日本人にとって読みやすいのです。

 

台灣

 

すんなり読めますよね。読めたそれが繁体字です。

あるいは、

 

薹灣

 

どうでしょう。これも繁体字で「たいわん」です。

 

80%位読めるのではないでしょうか?

さらに前後の文脈があれば、薹湾って出てきても「あぁ台湾って読むんだろうなぁ」とか。。

何となく意味が理解できます。

 

超簡単の意味を理解して頂けたでしょうか?

発音がわからなくても、漢字を読む事で駅の名前と金額ぐらいは理解できてしまうのが日本人です。

台湾に行けば「いやぁ英語圏じゃなく日本人で良かった〜」と思う事でしょう。笑

 

さて、コインの使い方ですが、これも一度覚えれば超簡単。

入る時ピッ、出る時チャリン。って覚えといて下さい。

 

前回私が台北に行った時、買い方はわかったのですが使い方がわからなかったのです。

 

コインを手にイザ改札に!コインの使い方がわからん…。

こうなりました。

 

しかしこのコイン優秀で、分解していないからわかりませんが、十中八九中にICチップが入っているので改札を入る時はコインを日本の交通系ICカード同様、タッチすれば入れます。

 

出る時はコインを回収されますので、これは日本の自販機に小銭を入れるのと同様にコイン投入口に入れれば回収され、改札が開く仕組みです。

 

これでもうMRT完璧ですね。

 

おぉっと、台湾のMRTでは飲食禁止ですからね。

うっかりペットボトルの水なんかを車内で飲まないようにご注意を…。

そのおかげか台湾のMRTの車内はとても清潔感があります。

 

 

ホテル着!!

先ほども言いましたが台湾での滞在時間には限りがあります。

ですからMRTにたった数駅乗ったところにある空港の近くのホテルを予約しておきました。

 

ホテル最寄駅は少しローカルな駅でしたが、数台のタクシーが客待ちをしていました。

電波を喰らったご自慢のネットを駆使してグーグルマップを見る限り完全に徒歩圏内なのですが、スーツケースもあるし、この暑い中上着まで着込んで歩いてしまったら倒れるんじゃないかと思い客待ちをしてるタクシーの運転手(窓全開の車内で昼寝中)に声をかけて(叩き起こして)みました。

 

文字は読めても発音は出来ないので、第三国の言葉で話しかけて申し訳ない!!と言う気持ちとともに英語でこのホテルまで行ってくれませんか?と尋ねてみたところ、こちらが言ってる事はアッサリ理解してくれたが、運転手さんは英語喋れない様子でジェスチャーで何やら伝えたいようです。

 

その指差した先に見えたのがこちらです

 

でぇ〜ん!!

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424021621j:image

 

駅前からでも見える立派な館…じゃなくて立派なホテルです!

 

周りに高い建物がないので少し見上げれば見える距離にあったのです。

ジェスチャーでアレアレ!フンフン!って腕振ってるから「歩くですね?」って言ったらウンウン!!って言ってくれました。

ありがとう。観光客だから歩いて行ける距離を遠回りしてタクシー代ぼったくってやろうとか、1ミリも感じさせない見事な情報に情報料払いたいほどありがとう。

そして昼寝の邪魔してごめんなさい。

 

ホテルはそんなに広くはないけど、フロントの人達は丁寧な接客だし映画も通じるので快適でした。

ホテルの窓からは今さっきまでいた桃園空港が見えます。

 

ホテルの窓からの眺めをYouTubeにUPしました。


【タイムラプス】 台湾 桃園空港周辺 日没まで。#乗り天アジアツアー TAIWAN

 

どうぞご覧下さい。

 

夕食。鼎泰豊本店行きたいけども!

 

台湾に本店を置く鼎泰豊と言う小籠包が有名なお店。

ご存知の方も多いと思います。

 

私も日本でももちろんの事、以前の台湾で台北101にある鼎泰豊に行きました。

今回は本店と思っていましたが、基本的に鼎泰豊は予約制ではないの結構待ちます。

本店に限ってはいくらか予約料を払えば予約も受け付けるようですが、時すでに遅し。当然予約枠はいっぱいでした。そもそも距離もあるしあきらめて近所を散歩して簡単なご飯を探しに行きました。

 

ホテルから出るとすぐセブンイレブンがあるようです。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424030813j:image

 

少し歩くとUFOキャッチャーのみのシンプルなゲーセン。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424030636j:image

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424030702j:image

 

歩いていて思った事、と言うか、道に出てすぐ感じた事なんですが、台湾は100~125ccクラスのスクーターが非常に多く、歩道を歩いててもガンガン歩道を走って来ます。

てか、避けなければ轢きに来ます。避けても避けても轢きに来ます。

 

スロットル全開の本気で。

 

轢き殺されたくなかったら壁に背中をつけてカニ歩きがいいと思いました。

いや本当に大袈裟とかじゃなく、そう思いました。

 

そんなこと考えながらトボトボ歩いていたら、

 

ここでマック発見!!

 

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424031518j:image

 

何を隠そう、世界のマックを食べ歩くのが好きなのです。(食に興味ない奴)

 

ビックマックの値段を見ればその国の物価がわかる!

で、フィレオフィッシュを注文する!チーズバーガー単品も忘れずに。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190424031843j:image

 

変香魚らしいです。

 

観光客とか来ないであろうマックの若い女性の店員さん、英語で注文して、最後に

「多謝(ドーシャー)」って言ったら

「アリガトゴザイマス」って日本語で返してくれて幸せになれました。

日本人だと分かってくれてたんだね。

 

もしくは日本語勉強してるのかな?だとしたら頑張れ〜!!って応援したくなりました。

そんなことを考えながら今来た道をバイクを避け、ゲーセンの前を通過し、ホテルに戻って食べました。

わざわざ持ち帰ってホテルの部屋で食べるマックが好きです。笑

 

 

そんなこんなで日本より太陽が沈むのが遅い台湾にも夜が来ました。

大人しく寝るとしましょう。

 

ってなわけで今日のまとめ〜!!

 

エバー航空の烏龍茶は美味い!!

 

台湾はやっぱ蒸し暑い!!

 

海外の電波はSIM差し替えをオススメ!!

 

常にバイクに狙われてる!!

 

とりあえずマックに行け!!

 

アジアツアー続きます。

 

↓↓読者登録よろしくお願いします。

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS

Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

ではまた〜☆☆

#上海編 アジアツアーに備えて考える。

決まってこの季節になると、花粉症?と聞かれますが、小さな頃から一年中鼻炎なだけです。

 

こんにちは乗り物天国代表です。

 

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

 

 

さて、今回は上海編!

 

 

 

初めての上海!

 

今まで台湾、香港、マカオには行った事があるとブログでもご紹介しましたが。

実は上海どころか、今回が正真正銘初めて中国本土に足を踏み入れる事になる予定です。

 

中国本土は広〜いので行き先の候補は沢山あります。ではなぜ私が北京や深セン等ではなく、上海に即決した理由をお話ししたいと思います。

 

 

理由は簡単。乗り物天国だから。

 

分かりづらいですよね。笑

 

 

日本にもリニア新幹線が日々実験走行を行い、開業に向けて一歩一歩その日は近付いていますよね。

リニアが走ったら絶対に乗りたい!と思っているので、何度もリニア体験乗車に申し込むも、当選のメールは来ず、ことごとく落選しつづけている私はついに待ちきれなくなってしまったのです。

 

そう。感の良い方はお気付きなるだろう。

 

上海にはリニアが走っているのである!

 

もちろん開業路線です。

 

こいつに乗ってリニアとはどんなもんだい!と見て感じに行きたいのです。

 

ただそれだけの為に上海に即決しました。

 

 

マグレブってなんぞ?

 

上海リニア、通称マグレブ

これはMagnetic levitationの略で、要するに磁気で浮きますよって事。

磁気浮上式鉄道とも言える。

ま、とにかく上海マグレブ

f:id:NORIMONOTENGOK:20190331081102j:image

 

まず国内から調べてみると何と日本では1962年から東京-大阪間を1時間で結ぼうと言う計画があったそうな。そこで注目されたのが超伝導による浮上。すなわち磁気浮上式鉄道である。

 

東京〜大阪間の新幹線が開通したのが1964年。ちょうど東京オリンピックの時に合わせて開通したらしい。

それよりも先にこのリニアの計画があったのだからすごい事です。

(もちろん乗り天代表が産まれるずっと前の話)

 

開業当初の営業最高速度は200km/hで、ひかりだと東京〜新大阪間が4時間。

こだまだと5時間だったそうです。

間がかなり空きますが、少しずつ短縮して行き、その後現在のダイヤになったと言う事です。

 

新幹線は何と言っても安全そして時間に正確。

安全神話とも言われるほど新幹線の技術は優れていて開通以来事故による死者は0なのです。

 

テレビか何かで見て強烈に覚えているのが、

 

新幹線の平均遅延時間。

 

なんと24秒。

 

しかし驚くのはまだ早い。

 

この24秒と言うのは豪雨や豪雪、台風などの自然災害でストップ時間も含まれて24秒と言う事。

 

って事は平常時にいかに秒の狂いもなく正確に運行していると言う事がお分かりいただけるだろう。

 

技術力もさる事ながら、運行管理などが素晴らしいのだと新幹線に乗るたびに毎回日本人として誇らしく思う。

 

台湾新幹線については過去のブログやYouTubeの動画にもしているのでそちらを見て頂きたいのだが、、

www.norimonotengoku.com

改めて言うと台湾に700系新幹線を輸出し現在も台湾国内で運行しているのだが、ベースが日本の技術とはいえそれをうまく管理して走らせられなければ宝の持ち腐れ。全く意味がない。

 

そんな事を考えながら前回の台湾旅行の際、台湾新幹線に乗車したので、正確に日本と遜色なく営業している台湾新幹線を管理する台湾の人々も素晴らしいと思った。

 

そして今日の本題。

 

マグレブに関しては現在上海が2004年から世界で唯一高速運転を行なっている磁気浮上式鉄道なのだ。

 

日本のリニアの最高速は実験走行で出した603km/hでギネス記録をもっている。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190331080908p:image

 

営業運転は505km/hで今の所予定されているので、上海リニアの営業速度は431km/h(時間帯によっては最高速まで出さないようだが)と控えめだが、それでも速い。

ちなみに、上海リニアの車両はドイツの会社が作ったもの。

上海リニアは実験走行で501km/hを出している。

 

 

冒頭でも言った通りこれに乗らずして、日本のリニアには乗れん!と思い、判断基準を作るべく上海リニアに乗ってきます!!

 

目的はただこの1つなのです。

 

ですから上海には一泊しかしません。

 

もちろん動画も撮りたいと思っているので、YouTubeのチャンネル登録して首を長くして待ってて下さいませ。←ちゃっかり宣伝

 

 

上海の観光地!

 

一泊なのでどうでしょうか。行きたい気持ちは山々ですが、上海には夜到着して、翌日の夕方には出発しなければいけないのです。寝なければザックリ19時間程は滞在しますが、マグレブ乗らなきゃいけないし、睡眠も取らなければ行けませんよね。

 

せめて到着してホテルに向かい、荷物を置いて上海の夜景でも見に行けたら最高だなと考えています。。

 

特にここの夜景ね!

f:id:NORIMONOTENGOK:20190331080946p:image

中国といえばWeChat!!

 

現地では微信(ウェイシン)と言われるアプリ。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190331081138p:image

 

中国版LINEと言うのが1番ピンとくるのではないでしょうか?

 

メッセージのやりとりはもちろんの事、

写真や動画を送ったりグループチャットしたり。なんらLINEと変わりません。

 

しかしここからが凄い。

 

WeChat Pay(微信支付

f:id:NORIMONOTENGOK:20190331081228j:image

 

と言うもの。

 

確かにLINEにもLINE Payの機能がいつの間にかアプリに搭載されましたが、実際みなさん使われてますか??

 

電子マネーやキャッシュレス決済派の私でも、LINE Payを使った事がありません。

 

中国に初めて行く私がこのWeChat Payについてお話しするにはかなりの知識不足ですが、中国のお店には店舗独自のQRコードを持っていて、それを自分のスマホでスキャン。あとは金額を入力して送信。

これでお店はリアルタイムに入金が確認出来ますし、こちらもおサイフをわざわざ出す必要がないのです。

 

自販機もQRコードをスキャン、金額を入力するとガチャコン!と飲み物が出てくるようです。

 

お友達同士でも簡単に送金が出来ちゃうみたいです。

 

しかし、基本的にこのWeChat Payを使う為には中国に銀行口座がある事。中国の本人確認書類が必要だと言う事。この2点のハードルが高いのです。

登録するだけなら様々なウワサと言うか裏ワザというか…とにかく登録する手段はあるようですが、結局使う為にはチャージをしなければなりませんよね。

 

中国の銀行に口座があればそれに紐付けて簡単そのもの。しかしその銀行口座がなければ、現地のお友達等にわざわざ送金してもらうか、最近よく日本の空港などで見かけるポケットチェンジからチャージをする必要があります。

 

 ポケットチェンジの詳細はリンクから。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190331081336p:image

こんなマシン。

https://www.pocket-change.jp/ja/

 

 

お友達に送金してもらうのは多少迷惑がかかりますし、ポケットチェンジは手数料をそこそこ取られます。

 

せっかく上海に行くのだから使ってみたかったと言う願望はあるものの諦めムードです。

 

アプリすら落としてません。

 

これにはまた別の訳があります。

 

ネット規制で有名な中国ですが、グーグルやTwitterに繋がらないと言う話聞いたことありませんか?

もちろんLINEも使えなくなります。

 

まぁこれは抜け道がたくさんあるので特に気にする事ではないのですが、WeChatでよく耳にする

 

「中国政府の検閲」

 

具体的にいうとあなたが誰かに送ったメッセージは中国政府に筒抜けと言う可能性が高いです。電話番号やスマホに入ってる個人情報なども例外とは言いきれません。

とは言え、工作員でもあるまい個人レベルのメッセージを1通毎に見ているほど中国政府もヒマじゃないと思います。

 

簡単に言うといくつかのNGワードが予め用意されてあり、そのワードや反中国政府のような発言があると送信出来なかったりアカウントが消されたりとそのような制裁を喰らうのです。。

 

ウイルスとまでは言いませんが、誰だって不安のあるアプリを自分のスマホに入れるのは少し抵抗がありますよね。

 

少し前にもファーウェイの問題があったりと、何かと情報を水面下で集めたがる中国政府。

 

こう言った理由でアプリのインストールすらせずに断念しそうな乗り天代表なのであります!

 

便利の代償が大きければ、不便を選ぶ事にしましょう。。

 

日本で使うLINEだってどこまで私達の情報を持っていて、それをどう使ってるかなんて考え始めたらそれすらも恐ろしくなりますが…。

 

少なくとも日本ではネット規制が緩いので好きな事をGoogleで検索したり、こうして思いつくまま好き放題ブログを書いたり出来るのはかなり恵まれているんですね!

 

 

そして、違う文化や環境、さらには多少の不便さがあるから海外旅行は楽しいんですよね。

 

また実際に行った感想はブログでご報告します。

 

YouTube動画もいっぱい撮ります。

 

 

ってなわけで、今日のまとめ〜!

 

初めて上海に行くよ。

 

マグレブって言う上海リニアに乗るんだ。

 

出来れば観光もしたいな。

 

WeChat Payで支払ってみたかった。

 

少しでも不安なアプリはダウンロードするな。

 

海外旅行は思い通りにならないぐらいがちょうどいい。

 

 

次回は2回目のソウル少しと、千歳と那覇を国内編としてひとつですかね。

もしかしたら準備編にするかも。

 

お楽しみに!

 

ではまた〜☆☆

 

 

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

↓是非ワンクリック読者登録をば!!

新幹線に賢く乗ろう!

こんにちは。乗り物天国代表取締役です。

今回はYouTubeの動画に関連した記事です。その動画はこちら

Yourube: http://www.youtube.com/c/NORIMONOTENGOKUVIDEOS
Twitter: https://twitter.com/NORITENCHANNEL

 

飛行機のようにマイルは貯まらない。なかなか割引もない。

そんな新幹線に乗る時に少しでもお得感がある乗り方をご紹介します。

f:id:NORIMONOTENGOK:20190310081121j:image

↑なんとなく0系ドクターイエロー

 

↓昔撮影しに行きました↓


【60fpsフルHD】激速!!最高速300km/h!!山陽新幹線 通過動画集 ズーム未使用 Japanese bullet train Shinkansen High speed

 

※冒頭の動画は山陽新幹線ですが、今回は東海道新幹線に限ったお話です。

 

新幹線の運賃とは?

 

例えば東京駅〜新大阪まで東海道新幹線を利用する際に合計額はいくらだろうか。

 

続きを読む